今日も今日とて。

女子大学生という仮面を被った干物女。

やる気のなさって悔しさ。

今のモヤモヤを文字にしたくて。

 

ここ最近のやる気のなさはなんだろうとずっと思っていまして。ほんとに何をやるにしても腰が重い。すぐにやらない。忘れる。次のイベントが入る。いつだっけ?やばい。焦る。

 

この悪循環。

 

常に何かに追われてる感じがするの。言うなれば夏休みの終わり、8月31日がずっと続いてる感じ。課題がまだ終わってないのに今なおぼうっとしてるの。どぅーんって重い。

 

なんでだろう?

 

 

今回は完全に自分語りブログです。

自分の日記です。

 

興味のない方はお戻りください笑笑

 

テーマをいくつかあげてこうかな。

 

 

1.  病気

実際テンション低い理由これがほぼ占めてるし他にもう考える余地もないんですけど。今まで保てていた健康な体がいかに幸せなものであったかということです。それをすごく感じています。

 

やっぱりさ、大学生たるものせっかく手に入れた自由とお金。みんなと同じようにちょっとくらい悪い遊びしたいじゃないですか。オールしたりさ、お酒飲み歩いたりさ、いろいろ。

それを理性で抑えて、控えなきゃいけない。

 

つらくない?

 

え、みんな遊んでるじゃん?なんで私は遊べないの?体ボロボロになったら自分が辛いのなんて一番分かってるよ。見た目もどんどんやばくなって外に出られなくなるの分かってる。でもなんでいろいろ気をつけてる私が遊べなくて、何にも気を使ってなさそうな(もしかしたら偏見かもしれないけど)あの子たちはいつも自由に遊んでるの?

 

...正直あの人たちの悩みがもはや羨ましいとすら思ったことがあります。そんなことないのにね。当事者だったらどんな悩みも悩みなのにさ。病気の人は健常な人より不幸だ、なんて考えてる私のほうが愚かなのかもしれない。まぁこの考えもメディアから刷り込まれたものなのかもしれないけどね。(そしたら私じゃなくてこの社会に原因があるような気もする)

 

でもやっぱり、健康な人に比べ常に制限を負わされている。人知れずその苦悩を抱え生きている。生かされてるのかもしれない。もはや意識が自分にあるのか外にあるのか分からない。そう思うときもある。

 

 

 

そんな人でも、周りには普通の人となんら変わらないように生きているように振る舞う。それが一番辛かったりするんだよ。自らそう選んで行動してるのにね。矛盾だよ、全く。なんで辛いのか。やっぱり相手の中に自分と違うところを見つけてショックを受ける。分かってるけど見るたびに辛いよね。うんうん。

 

 

2. 自由と孤独

これは大学に入って手に入れたもの。私は実家暮らしなので孤独といっても夜は家族がいるんですけどもやはり大学って孤独なんですね。というより私が孤独を選んでるですけど。

 

なんでだろう。人と関わるのが苦手とかではないんです。むしろ得意だと思ってます。基本的に中学高校でのポジションとしては中央グループに属しながらもクラスのみんなと仲良くできるポジです。(なんか字面で見ると自慢してるように見えるな。)

 

理由はきっと気を使いすぎちゃう。誰とも隔たりなく話せるって実はすごく難しいことで、毎回相手に合わせてるってことでもあると思うんですよ。相手の出方、求める距離感に応じて自分を調理していく感じ。相手と円滑にコミュニュケーション取れるとやっぱり嬉しいし楽しいからそれやっちゃうんだけど、やはり気は疲弊してるのね。だからずっとはできない。

そういうことなんだろうな。

 

自由だとそこのバランス(時間の使い方や比重を含めて)が難しい。高校の頃はクラスでびっちり固められてたからただただほぼ無感情で今やることはこれ、これ。ってやってるだけでよかった。それがいつの間にかバランスの調整能力まで求められるようになってて。

 

大人になったね。うん、、、

 

 

(睡魔がきてやばいので続きはまた今度...)